結婚費用相場

貯金などなくても結婚は出来るんです!

年々晩婚化が進んで、人によっては結婚を積極的には望まずに一人暮らしを優先している人もいるようです。
女性も今の時代では、一人だからといって周りの目が気になるという事も少なくなって来ているのではないでしょうか。

 

また、女性でも男と同様に収入を得て一人でも十分やっていけるという事があるかもしれません。

 

しかし、そういう時代にあっても結婚願望は男女ともに多くの人が持っているものだと思います。

とかく独身時代においては、一人暮らしをしているのならば毎月の給料も生活などの出費で貯金にまわしている人も少ないのではないでしょうか。

 

若いうちから結婚のために貯金をしている人も多くはないと思います。
自分はずっと独身でいいと思っている人でも、ふとしたきっかけで出会いがあれば恋愛感情が出てきます。

 

その感情が発展していけば、ついに結婚という事を意識していく事と思います。
もちろん結婚は片方だけではなくて、両方が同意して初めて行なわれるものです。

 

付き合い始めてから結婚までの道のりは決して楽ではありません。
いろいろな事がある者と思います。

 

そんな道のりを乗り越えたのならばようやく結婚ということになるです。

 

 

結婚同意から、結婚までの道のり

 

ここからは主に男性側が行動を起こすことになると思います。
まずは、彼女側に結婚承諾のための挨拶に行かなければなりません。
気持ち的にはここが男性側にとっての正念場になるのかもしれません。

 

冷や汗をかきながらも彼女のご両親からの承諾が得られたのならば、次には両家の顔合わせになります。
ここからの過程においては、出費が重なっていくのです。
結婚という費用においては、披露宴の方にお金をかかるというように思いがちですがその場になってみて初めて費用がかかるということがわかるものなのです。

 

両家の顔合わせは、両方の家族の人数に比例して費用はかかるものです。
一人当たりの費用は5,000円程度だと思いますが人数が多いと意外とかかるものなのです。

 

結納や婚約においては、結納品では50,000円程度ですが地区によって違うものなので事前に調べておく必要があると思います。
また会場費や料理などにも費用がかかってきます。

 

婚約指輪は、300,000円から500,000円程度が相場になっているみたいです。

 

ここまで来るのに、最低500,000円程度は事前に用意しておく必要があるのです。
ここぐらいまでは、若い人でも貯金で持っている人も多いのではないでしょうか?
しかし、問題これからなのです!

 

ここからは挙式披露宴になります。
挙式披露宴、特に披露宴は全国に見てみると地方によってかかる費用は結構バラバラなものなっています。

 

特色があるのは北海道です。
北海道での披露宴は、いわゆる会費制になっているのです。
会費制とは、招待制とは違いご祝儀を出す必要がありません。
出席する人には会費が通知されていますので、その額を披露宴の受付で支払うだけです。

 

会費制の相場は、15,000円程度なので招待制と比べれば半額程度です。
会費制ではこの金額が料理の金額に相当して、結婚する側も招待制と比べれば赤字額を押さえられるのが特徴です。
今では、この北海道方式で披露宴を行う人も多くなってきました。

 

しかし、北海道以外のほとんどの地区では招待で実施しています。
一人当たりのご祝儀が30,000円程度としても、披露宴の平均は3,500,000程度でありその半分をご祝儀の収入があったとしても、2、000,000円程度の費用は自分たちで捻出しなければなりません。
両家で負担したとしても、最低1,000,000円程度は必要になってくるのです。

 

また重要な結婚指輪を忘れては行けません!
結婚指輪の相場は、両方で200,000円程度ですがこれも人によってはもっと高額になってくる可能性もあります。

 

結婚後の費用

 

挙式披露宴も終わったのならば、次に待ち受けるのは新婚旅行です。
挙式披露宴に費用をかけないひとでも、新婚旅行は豪勢にという人も多いのではないでしょうか。

 

新婚旅行は、今ではかなり格安で遠いところまで行く事が可能になって来ています。
それでもやはり500,000円程度は、用意しなければならないと思います。
また新婚旅行では、お土産も必然と人数も多くなってしまうので一個当りの単価が低くても100,000円程度なるので注意が必要です。

 

次に結婚後の新居についてです。
結婚を機に新しい場所での二人のの生活という事になると思います。

 

まずは、二人とも今まで住んでいた住居から新しい新居へ引っ越しをしなければなりません。
その費用も双方、50,000円程度は用意しておいた方がいいでしょう。

 

また新居においても一通りのものを揃える必要があります。
今まで使用していたものを新居に持って来てもいいですが、新しい人生の始まりなので新しいものを揃えたいと思うものではないでしょうか。
ここでも、カーテンや照明器具、電化製品に至るまで一通り揃えればかなりの費用になると思います。

 

新居の方も契約も賃貸の場合においては、事前に敷金や礼金などが発生する場合があります。

 

ちなみに、結婚するにあたり婚姻届を役所に提出する入籍費用はかかりません。
2人の保証人の署名捺印があれば、あとは自分たちが記載すれば大丈夫です。
ただし、本籍が婚姻届を提出する場所にはない時には、戸籍謄本が必要になってきます。

 

戸籍謄本は1通あたり450円です。
遠方の場合には郵送で請求する事も可能です。
その場合は1〜2週間程かかると思います。

 

 

節約出来る結婚費用はあるのか?

 

このように結婚して新しい生活をするという事は、これだけの費用がかかってくるものなのです。
もちろんこれらの費用の全額を出す必要はありません。
彼女とこれからの話し合って、出来るだけ節約しておく事も重要になってくるのです。

 

旅行にも高いシーズンと安いシーズンがあるように、結婚式にもオフシーズンというものがあります。
真冬や真夏などは安くあげるにはいい期間になると思います。

 

またほとんど結婚式が土曜日や日曜日に行なうのが多いみたいですが、平日でも良ければ安くあげることもかのうです。
さらに、仏滅などを気にしなければ安くなるのです。

 

結納や婚約指輪などを省略するのも一つの方法です。
これは特に若い人には、多くなる傾向にあるのではないでしょうか。
新婚旅行も国内旅行や近場の海外でのパックを利用するのならば、格安で行く事も可能になっています。

 

どうしても男性側の出費の方が多くなってしまうと思います。
結婚する年齢は、人それぞれですので年齢に応じて貯蓄額も違ってくるでしょう。
場合によっては、年齢が高い独身でも全然貯蓄がないという場合や若くてもしっかりと貯蓄している人もいると思います。

 

貯蓄をしている人でも、結婚費用に対してすべてをまかなえるという人もあまりいないのではないでしょうか?

 

 

お金がなくても結婚出来る?

 

貯蓄ない場合やあっても結婚費用には足りないという人には、どうすればいいのでしょうか?
その場合には、節約するところは出来る限り節約して必要な額だけ金融機関の「カードローン」から借りるという方法があります。

 

計画的に返済出来る範囲内で借りる場合には、とても役に立つものだと思います。
カードローン」もいろいろ金融機関のものがあります。
カードローン」を選択するにはどのようにすればいいのでしょうか?

 

まずは、「カードローン」は信用のおけるところから借りる必要があります。
そのための一つの目安は、知名度がある事です。
テレビや新聞などで広告されていて、その金融機関の名前を聞いた事があるものならば知名度があるものと思います。

 

 

次に、借りた後には当たり前ですが返済していかなければなりません。
そのためにも利息の低いところを選ぶ必要があります。
これは数字的にみてわかるので比較も簡単に出来ると思います。

 

カードローン」の申し込み方法は、店舗まで行く場合とインターネット経由で手続きが出来るものもあります。
インターネット経由ならば、家に居ながらにして手続き出来るので便利ですし、店舗に行く場合ですと周りの人の目も気になりますのでなるべくならばインターネットで申し込みが出来るところを選びましょう。

 

インターネットの申し込みも今では簡単に出来るようになっています。
申し込みの際には、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類の写しを送付しなければなりませんがこれも写メでインターネット経由で送る事が可能になっている金融機関が多くなっています。

 

 

申し込む前に、金融機関によってはホームページ上にどのくらい借りた場合に月々の返済がどうなるのかわかるシミレーションを出来るところがありますので試してみてもいいでしょう。

 

申し込みの後は、金融機関側で審査を行ないます。
審査は、本人に返済能力があるかを調べるみたいです。
内容は公表されていませんが、現在借入金があればその額や返済において期日を守って返済しているかなどをみられるみたいです。

 

審査が通れば後はどのくらいの額を実際借り入れするのかということになります。
借り入れ限度額一杯を借り入れるのは避けたいところです。
ある程度余裕を持って計画的に借りる必要があります。

 

急いでいるのならば、申し込んだその日のうちに借りる事も可能になっています。
カードローン」の借り入れや返済は、コンビニのATMを利用する事が出来れば大変便利です。
金融期間に直接行かなくても、なにかのついでに近くのコンビニで利用する事が出来るからです。
金融機関の選択にはこのように利用のしやすさも検討するべきだと思います。

 

結婚するという事は、いろいろと大変なものです。
二人だけではなく、相手の家族や親戚なども関係してくるからです。

 

また一時的に結婚における出費は多くなってしまいます。
その場合でも、「カードローン」というものもあるということを覚えておいてください!

 

27歳 京都府 男性

 

自分ではあまり結婚などには縁がないものとばかり思っていました。
特に結婚願望などもなくて、このまま一人で過ごす事になっても特に困る事もないと思っていました。

 

しかし、出会いがあればやはり結婚は意識するものです。
それまではまったくその気がなくても、ある日突然結婚に対する強い意識が働いてしまうものなのです。

 

相手の女性は私と同じ年齢ですが、仕事は全く違う事をしています。
二人で結婚を意識し始めてから、結婚についていろいろな計画を自分なりにたててみました。

 

問題は女性側がどの程度まで結婚について行ないたいという事です。
私的には、結納や披露宴などは行なわずに海外に新婚旅行で行って結婚式も旅先で行いという願望はもっていました。

 

なにせ結婚費用相場は、3,000,000円以上はかかってしうようなのです。
彼女の方に確認したところ、私と同じような意見でした。
正直ほっとしていました。

 

しかし、問題はこれからなのです。
結婚際しての費用を概算で出したところ、最低でも500、000円以上はなければなりませんでした。

 

貯金は少しはありましたが、この金額を出せるまではありませんでした。
結婚するとしても30代になってからだと思っていたので、そのためにお金を貯めるという事はしていなかったのです。

 

最初は親に借りて見ようかとも思いましたが、親も生活が楽ではないのを知っていました。
そこで私は、「カードローン」で一時的に借りて用立てようと思ったのです。

 

カードローン」は金融機関でやっているものです。
担保や保証金などもいらないので、自分だけの責任で利用する事が出来るのです。

 

通常、お金を借りようと申し込む場合には店舗まで行かなければなりませんが、今ではパソコンやスマートフォンがあれば簡単に申し込みが出来るようになっているのです。

 

本人確認書類もインターネット上で送る事が出来るので、すべて自分の部屋からで完結する事が出来るのです。
急いでいる場合においては、自分の口座への振込という形でいわゆる即日でも利用する事が可能になっていました。

 

私の場合には、結婚費用としては指輪と海外旅行の費用を「カードローン」でまかないました。
申し込みの後には審査もありましたが、意外と時間もかからずにお金を借りる事が出来ました。

 

まだ20代ならば、結婚式用にお金を貯えている人も少ないと思います。
どうしても足りない場合には、「カードローン」の利用も検討してみてはいかがでしょうか。

 

31歳 神奈川県 男性

 

結婚するという事は突然やってくるものなのですね
私はアイドルばかり追いかけていた20代の頃を考えると、普通に結婚して生活していくという青写真は描く事が出来ませんでした。

 

それが彼女と出会ってから一遍してしまったのです。
頭の中はすぐにでも彼女と一緒になりたい、結婚したいという風に変わっていってしまったのです。

 

そこからまだ彼女の意思を聞く前から、インターネットで結婚について詳しく調べてみるようになったのです。
そこでわかりました。
結婚にはものすごくお金がかかるとうことを!

 

私はただ単に婚姻届を出せばいいだけと思っていたのですが、そんな安易なものではなかったのです。
もちろん婚姻届を出すだけでいいという人もいるでしょう。

 

しかし、女性に取っては着飾ってみたい場でもあるのです。
男性の感覚ではなかなか理解出来ないですすが、結婚式や披露宴はやってみたいものなのです。

 

彼女と付き合って、結婚の同意を得て確認してみました。
やはり、結婚式はやりたいみたいです。
結納や結婚式と披露宴まででの費用は、2,500、000円位はかかる感じです。
一般的な相場では、4,000,000円以上となっているみたいです。
もちろご祝儀などあとである程度は返ってきますが、最初の段階では必要な額なのです。

 

彼女と相談しながらなるべく節約する事が出来るものは、どんどん削っていきました。
海外旅行だけは、好きなように計画しましたがその他はかなり節約しても自分の持ち出しは1,500、000円位は用意しないといけないことがわかりました。

 

私は今まで貯金などをした事がありませんでしたので、蓄えは全くありません。
そこで一時的にどこからかお金を借りる必要があったのです。

 

私は金融機関の「カードローン」を選択しました。
その理由は、クルマや教育などの目的ローンと違ってどのようなものにも使えて手続きも、目的ローンと比べて簡単だからです。

 

申し込みの後には金融機関で、審査がある事が少し不安でしたが申し込みから審査結果がくるのも早かったので安心しました。

 

今まで10年近くも働いて来て、貯金をしていなかった事には後悔しています。
しかし、「カードローン」のおかげでお金を用意する事が出来て大変助かりました。

 

返済も毎月無理なくやっていけています。
これから結婚という人は、いろいろな不安があると思います。
お金で困った時には「カードローン」を思い出してください。

 

 

24歳 東京都 男性

 

私はどういうわくか10代のうちから結婚願望が強くて、好きな人が出来たらすぐにでも結婚したいと思っていました。
そういう時ってなかなか相手は見つからないものですよね。

 

 

それでも23歳の時に、3つ上の彼女と知り合いお互い結婚してもいいと思うようになっていました。
私が言い出す前に彼女の方から結婚についてアプローチを掛けられました。

 

私的にはすぐにでも結婚したいという気持ちはあったのですが、なにせお金がありません。
親には迷惑はかけたくなかったので、自力でなんとかするよりなかったのです。

 

結婚費用相場は地域によって違うようで、北海道では披露宴は会費制になっていて安くすることができるみたいです。
しかし、私のところは東京です。
首都圏での結婚費用相場をインターネットで検索して調べてみると、なんと結婚から新婚旅行までにかかった費用は平均4,540,000円となっているではないですか!

 

いやいや私にはほとんど貯金というものは、存在していないのです(汗)。
ご祝儀で半分くらいは戻ってくるみたいですが、それでもかなりの負担を覚悟しなければなりません。

 

このお金をどうしたらいいのか?
お金が貯まるまでなんて言っていたら、いつまでたっても結婚なんてできそうもありません(涙)。

 

そこでインターネットでいろいろ調べてみると、やはり同じように悩んでいる人は多くいるみたいで参考となる情報がいくつかありました。
その中で私は「カードローン」でお金を借りるということにしたのです。

 

今まで金融機関からお金を借りた事はありません。
お金を借りるという事に不安がありましたが、インターネット情報をもとに「カードローン」の申し込みをする事にしたのです。

 

お金を借りるのですから、いろいろな手続きや時間がかかると思っていました。
しかし、やってみると申し込みはインターネットから簡単に入力していき運転免許証や健康保険書などの本人確認書類も郵送せずに、写メでとってメールで送信するだけですみました。

 

申し込みが終わると金融機関側では、返済能力があるかどうかの審査を行ないます。
実際に内容はこちら側ではわからないのですが、審査結果すぐに回答が来ました。

 

これで結婚資金を用意する事が出来ました。
若いうちでも結婚するということはあります。
若いからと言っても結婚費用が低くなるという事はないのです。

 

そんなときは「カードローン」で借りる事も考えてみてはいかがでしょうか。